心療内科でうつ病の状態を改善【プロの精神安定マニュアル法】

女性

うつの悩みを抱える

医者

現在はうつ病になる人も増えてきていますが、女性だけではなく男性の発症も多くなっているとされています。うつ病改善は心療内科や精神科などで行なうことができ、カウンセリングを通して経過観察をしていきます。

もっと詳しく

精神的負荷が原因

医者

心の病気の一つでもあるのがうつ病ですが、うつ病は心療内科へ受診して自分に合った治療を行なうことが大切です。診療にかかる費用は初診やそれ以降で異なっており、通い続けることで少し安い値段になります。

もっと詳しく

症状を理解することが大切

うつ病

日本全国にある心療内科や精神科などでは双極性障害の治療を行なうことができます。多くの専門機関があるので、治療をするときは慎重に医療施設を選ぶことが重要になります。

もっと詳しく

詳しい検査で特定

b-rain-clinic.com

横浜市中区で評判の心療内科/精神科ならB-RainClinicまで

認知症とうつ病の見極め

うつ病

高齢者にうつ病の疑いがあり心療内科で診察を受けた時に痴呆症の簡単なテストをされることがあります。うつ病の症状だと本人や家族が思っていても実は痴呆症が発病した可能性があるからです。簡単なテストの結果で痴呆症の疑いが無いときにはうつ病疑い診察を行います。うつ病の薬は比較的きついものが多いため高齢者にとってはは体の負担が大きいことから軽めの薬を処方されます。中にはうつ病の治療中に痴呆症を発症する場合もあるため、様子を見ながら薬を変えたりし治療を続けます。うつ病か痴呆症の判断が難しいときにはMRIなどで脳の検査を行うことになります。脳の検査で萎縮が認められたりしたときには痴呆症の治療が優先されることになります。

高齢者に対する病名の配慮

うつ病患者に対して大量の薬を処方する医療機関もありますが、その場合は注意が必要です。薬の依存が強くなる上、日常生活にも支障が出ることがあります。特に高齢者の場合はやる気がまったくなくなり寝たきりになることもあるのです。処方される薬の量が多いと感じたときには病院を変えることも必要です。うつ病治療を受けてる高齢者に対して認知症予防のために薬を処方する病院もあります。医薬分業で調剤薬局で薬が処方されますが、その際に認知症の薬だと患者に対して説明をする薬剤師がいます。しかし、うつ病で診察を受けている高齢者が認知症と聞くと過剰反応しうつ病を悪化させる可能性もあるので説明の際には細心の注意をはらってほしいものです。