心療内科でうつ病の状態を改善【プロの精神安定マニュアル法】

女性

うつの悩みを抱える

うつ病の特徴的な症状

医者

日本では、うつ病に苦しむ患者が年々増加していることが問題となっています。現在ではその患者は100万人を超え、男性がうつ病になりやすい傾向にあります。 このうつ病という症状にはある特徴的なものがあり、それは自己否定に陥ることです。物事が上手くいかない原因を自分の責任だと思い込むことから始まり、些細なことまでも自分を責めるようになってしまいます。これらはストレスがたまることで起こるとされ、深く落ち込み次第に動くことも億劫になってきます。寝床から起き上がれないこともあり、学校や会社に行けない人もいます。食欲が低下していき、心から楽しむこともできなくなります。初めは時々見られていた症状でも、悪化すると毎日のように症状が出るようになり長期間続いてしまいます。 これらは、自分を責めてしまうことから危険な状態になる可能性もあるので、早めに専門病院で治療していくことが大切です。そこで専門の医師による治療やカウンセリングを受けることによって、心がだいぶん落ち着いていきます。

改善に向けた専門的な治療

このうつ病の治療を行う専門病院とは、精神科や心療内科のことです。ここをまず受診をして、その辛い症状を医師に伝えていきます。そこで診断される訳ですが、治療法は薬によるものとカウンセラーによるカウンセリングがあります。薬はその症状を見ながら経過観察をしていき、状態が良くなれば薬を徐々に減らすようにしていきます。 そしてカウンセリングによって心を落ち着かせていき、患者の話しをカウンセラーが聞いていく形となります。自分を責めないように呼びかけ、無理せず今を受け入れていくことが心の回復へとつながります。そのような会話を続ける中で、やがて自信を取り戻していくのです。 うつ病の症状は人によってその状態が違ってくるので、回復をするのに時間が長くかかる人もいます。しかし治療をしなければ症状はどんどん悪化していくので、心身ともに健康でいるためには専門病院での治療が不可欠となってきます。